フロンティアの今 「for others」という企業理念の基に、フロンティアは生まれました。そして今、「障害者の自立」と「企業の利益」の融合と達成を目標に、私たちは懸命に歩んでいます。

トップページ > 社内風景〜バリアフリー環境へのこだわり

安全・快適なバリアフリー環境

ひとりひとりの自立を支え、ハンデを補う設備の数々。

障害者のハンディキャップは個性の一つ。それらを設備で補うことができれば、一人一人の能力は輝き始めます。私たちの職場では、ハンディキャップをアシストする工夫が各所でなされています。

1

車椅子の洗浄機

施設の出入り口には車椅子洗浄機を設置。衛生面への配慮はかかしません。

2

エアシャワー

段差をなくした、幅の広いエアシャワー室。車椅子のまま作業場へ入室できます。

3

廊下幅

車椅子と歩行者がゆったりとすれ違える、幅の広い廊下。
各部屋の扉も車椅子が通れる幅に。

4

点字ブロック

階段の踊り場や、主な出入り口には点字ブロックを。歩行者を安全に誘導します。

5

スイッチ・コンセントの高さ

車椅子に乗ったまま手が届くよう、施設内では低めの位置にスイッチ・コンセントを設置。また、ホワイトボードなども誰もが書き込める位置に。

6

カウンター

施設入口のカウンターは、車椅子利用者や来訪者、すべての人の目線を想定した高さに。

7

休憩室の座敷/シンク

従業員みんなが腰をおろしてくつろげるよう、休憩室には座敷を用意。また、ボタンを押せば、自動で上下するシンクも設置。

8

医務室

気分が悪くなったときに休めるよう、ベッドを配置した医務室。急な体調の変化など、緊急事態を知らせるボタンを枕もとに設置。入室中には入口のランプが点灯します。

9

更衣室/シャワー室

整理されたフローリングの更衣室。更衣室横のシャワー室にも段差がなく、車いすでも利用できる、十分な広さが確保されています。

10

駐車場の屋根/入り口

車椅子利用者用の駐車場は屋根付き。雨の日も快適に乗降でき、施設への移動もスムーズに行えます。

ページトップ